・高テンションの生地や生地表面に凹凸のあるもの。
 (プリント割れやはがれが起きます。アイロンがかけられない生地は、焦げや溶けるため圧着できません。)
・接着面に特殊な加工がされているもの

・フロッキープリントは紙の上に加工されております。
 保管時の湿気や乾燥により紙の収縮が起こり接着部分に割れやズレが起こる場合がありますのでご注意下さい。
・プリント部分は大変デリケートに出来ているため劣化いたします。湿気のない冷暗所で保存し製造日(H21.3)より12ヶ月以内に
 ご使用いただくことをお願いいたします。
 フロッキー素材上柔らかいものですのでキズや折れには充分ご注意下さい。



※製品工場の指示に基づき、当店が圧着した方法をまとめたものです。
 実際に市場に出回っている製品に使用しているクオリティの高い商品ですが、あくまでもホームソーイングを目的として販売しております。
 取り付け方法や取り付け後のトラブルには当店では一切責任をもてません。予めご了承くださいませ。
1.貼り付ける布地にアイロンをかけ、生地をあたためておきます。
2.布地の上に、図柄を配置します。
!図柄にそって余白を残しカットしてから配置をするとバランスが取れやすいです。
   
3..アイロンは必ずドライでご利用下さい。
中〜高温150℃程度で、上から体重をしっかりかけ図柄を均等に15秒〜20秒アイロンをかけます。
アイロン中心部分に重力がかかりやすいので図柄端にも充分圧をかけてください。
(大きな図柄の場合はアイロンを置く位置を変えながらながらすべての面に均等におさえてください)
アイロンの温度や生地によっては焦げ付く恐れがあるため当て布をおすすめします。
また、アイロン時間が長すぎると、素材を焦がす恐れがあります。
4.アイロン中、及びアイロン直後は転写紙が大変熱くなっています。
火傷の恐れがありますのでシートには触らないようにご注意下さい。
!ここで少し我慢です・・。冷めたかな?と思っても、もう一息待ってください。←ここが一番のポイントです!
5.完全に冷めてからゆっくりはがすと図柄が定着しています。
!しっかり冷める前にはがすと、きれいに転写されません。完全に冷えてからはがすと糊の部分のみ転写されています。
 
6.はがし方のポイントです。
!シートをはがすときは、生地の伸びる方向に引っ張っていくと接着部分と生地の圧着が強いため
伸びやすくはがしにくいので、伸びのないほうからゆっくり、ゆっくりと押さえながら慎重に丁寧にはがしてくださいね。
思いっきり一気にはがすとプリント面にシートの紙が残り取れません。
万が一うまく転写されていない場合は、再度転写紙(紙の上から)にアイロンをかけてください。
7.しっかりと生地に定着していることを確認し、出来上がりです。
※圧着後、フロッキー部分には直接アイロンをかけないで下さい。
より密着度を高めるためフロッキーにアイロンをかけたい場合は、必ず当て布をした方がよろしいかと思いますが
当てすぎるとフロッキーの風合いがなくなってしまいます。

・フロッキープリントを圧着した製品のお洗濯時には、埃や割れ、縮みを防ぐため圧着面を裏返しネットに入れてお洗濯してください。