皆様からよくいただくご質問事項を
ご参考いただき、他にご質問等ある場合はお気軽にお問い合わせください。

ご購入前のご質問

●初心者ですが、本当に作ることができるのでしょう か?
各商品に難易度をつけています。
当店では全てのパターンに図解を加えたオリジナルの詳しい説明書をお付けし ています。
難易度をご参考に是非チャレンジしてみてください。ご不明な点はお気軽にお 問い合わせください。

●ロックミシンを持っていませんが縫うことは可能で しょうか?
当店の説明書では、まず直線縫いで縫い合わせてからロックミシンまたはジグ ザグミシンで
縫い代の縁かがりをする手順で解説をすすめています。
ご使用になる生地が扱いにくいものでない限りは、ロックミシンでなくても
ジグザグ機能搭載のミシンをお持ちでしたら製作は可能です。

●いつもは9号を着用しています。出来上がりのサイ ズを見ると小さいような気がしますが?
パターンの設定生地により仕上がりのサイズは異なりますが、まずはお手持ち のお洋服の寸法と
比較してご検討いただくのが一番よいかと思います。
当店のサイズ表(ヌード寸法)もご参考になさってください。

パターン・説明書についてのご質問

●パターンの端に二重丸の半分に切れた記号が書いて あります。
その横に3cmほどの余白がついていますが、パターンはどちらの線で切るので すか?

二重丸の半分に切れた記号は「輪」を表します。「左右対称にある」という意 味で
一般的には「輪」のついたラインを生地の「輪」にした部分に合わせて置きま す。
横の余白は「この二重丸の対称になる続きはこうなりますよ。」との意味合い で
CAD入力の都合上どうしてもついてしまう余白です。
この余白は幅を広げたい等の補正時にお使いいただいても構いません。
余白が必要ない場合はカットしていただいても、「輪」のラインで折り曲げて
お使いいただいてもよいです。

●サンプル画像に使われている袖のニットテープのつ け方はどのように縫えばよいですか?
カタログのサンプルは、衿ぐり〜肩(袖山)〜袖口まで続けてテープを縫い付 けてあります。
ニットテープの縫い付け方は両端をコバステッチでおさえるだけです。
ステッチが目立たないよう、なるべくテープと同じ色の糸をお使いになったほ うが良いと思います。
ニットテープを縫い付ける位置に、ガイドラインとして予 めチャコなどで線を引いておき、
その線に沿ってニットテープの端を置いて縫い進めばまっすぐに縫い付けるこ とができます。

●コバステッチとは何ですか?
布端から1〜2ミリくらいのギリギリの位置にかけるステッチのことです。

●CB、CF の記号の意味は?
CB(センターバック)は後中心、CF(センターフロント)は前中心になりま す。

●リブの寸法が身頃と合いません。
リブパターンは推奨生地を元にリブの伸び率を計算して作ってあります。
ニット生地はお使いになる生地によりテンションが異なりますので
各説明書に記載してあるとおり、予めリブ地を長めに裁断していただき
軽くしつけをしてから生地のテンションに合わせてリブ地の長さを決めてくだ さい。
少し手間がかかりますが、この方法だと失敗が無く綺麗に仕上がります。

副資材についてのご質問

●ダイナックテープの使用方法について。
パイピング始末の際のダイナックテープの使用方法として
当店スタッフが複数のサンプル作成時に
見栄えよく綺麗に仕上がる方法をご紹介いたします。
ご紹介したものが正規の使用方法とは異なる場合があります。
あくまでも当店の使用方法としてご参考になさってください。
詳細はこちらからどうぞ。

●ダブルオープンファスナーが開閉しにくい。
上下のスライダーをきちんと一番下に下ろしてから
蝶棒を根元の部分にしっかりカチッと手応えがあるまで差し込んで
スライダーを引き上げてください。
当店で扱っているダブルオープンファスナーは服飾用のためロックがかかる仕 様になっています。
ですので、上下のスライダー位置がきちんと下がっていないと途中でロックが かかり
蝶棒が入りませんし故障の原因にもなります。

販売日程についてのご質問

●販売のペースと販売日程を教えてください。
販売のペースには特に決まりを設けておりませんが、現状では約2ヵ月に1回と なっております。
今後、なるべく定期的に早いペースでの販売が出来るように改善いたします。
詳しい販売日程については日程が決定してからダイアリーまたはメルマガでの お知らせとなっております。